スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【この記事のURL】 | スポンサー広告 | page top↑
今日の管理人 06.05.15
ブログ提供サイトのこと
仕事柄、と言いましょうか。『ブログ評論』をやっていると、それこそ膨大なブログを読むわけですが、みなさんが使われているブログ提供サイト、やはりそれぞれに長所、短所があります。
ブログを始めてしまうと、ブログサイトを替える、ということはなかなかしませんので、そういうものだろう、と思われて使っておられるかと思いますが、言うまでもなく機能はまるで違います。
これによって、ブログの構成も「できることできないこと」が出て来ます。


『ブログ評論』は「FC2」を使っていますが、以前持っていたブログは「goo」を使用していました。比較しても「FC2」は、その自由度といい、プラグインの多さといい、本当に優秀ですね。
はっきり申し上げまして「goo」。軽いのはいいのですがかなり不便です。リンクひとつはるのも実に面倒。

訪問して最もダメかな?と思われるのは「アメブロ」。
なにしろ、夜の混雑時になると、まったくつながらなくなってしまいます。機能以前の問題。トラックバックも、他からのものはほとんどはじいてしまうので、アクセス数にも大きな影響がありそうです。

「重い」ということでは、Yahooブログ。機能はそこそこ(余計なものも含めて)なのですが、どういうサーバーを使っているのか、オークション混雑時間あたりから、開くまでに膨大な時間を要します。1記事ごとに時間がかかるので、読者には相当な「我慢」を要求されます。ただ、ブロガーごとのコミニュケーションを考えている点は評価できます。
エキサイトブログも時々重くなりますが、Yahooほどではありません。

機能も軽さもそこそこなのですが、イマイチわかりにくいのが「楽天ブログ」。
どうにも「総合的プライベートページ」を目指しているようで、ホームページ風に仕上がるのはありがたいのかも知れませんが「余計なお世話」部分もたくさんあります。掲示板がはじめからついているのはけっこうありがたいかも。

前述しましたgooブログは、実にしっかりしていて、しかも軽いので、読む側にはありがたいのですが、とにかく機能が少なすぎ。独自のページを作成しようとするとカスタムテンプレートでも相当苦労します。したがって、オリジナリティ溢れるページをつくりたいかたには向きません。
でも、容量が大きいので、フォトブログや画像をたくさん使うブログには最適。

軽さ、機能とも、読む側からも比較的優秀なのは「LiveDoorブログ」。件の事件さえなければ、もっと流行ったことでしょう。
ひととおりのことができます。不安点を上げれば、母体くらいでしょうか(笑)。

今のところ最優秀と思われるのは、やはりここFC2です。
他から越して来た方には天国かも?

いずれによ、開かないような重いところはアクセス数に多いに影響します。一度再考するのも手段かも。
スポンサーサイト
【この記事のURL】 | おもしろいブログ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<今日の管理人 06.05.16 | ホーム | 今日の管理人 06.05.14>>
コメント
同感です
なぜうちがgooを選んだかといえば、テンプレートが良かった事と、容量が大きかったことだけです。
テンプレートごと引越しできるなら、すぐにでもしたいのですが(笑)
商売柄視覚優先でした。
goo!インデクッス機能の改善を(訴える場所が違いますね…)
【2006/05/15 23:13】 URL | 碧 #-[ 編集] | page top↑
gooブログ
碧さん、こんばんは。
『地球散歩』の方は、初めgooとはわかりませんでした。

私が以前gooを使用したのは、会社が絶対につぶれないから(笑)。これにつきます。
ブログを提供している会社がつぶれる、というのは、ここ2年くらいでも数件はあって、こうなるとログを取り出すこともできなくなります。ブログの過去記事は財産ですので、なくなってもらっては困るわけですね(もちろんバックアップもとれますが)。

gooは、巨大な回線と巨大なサーバーを湯水のように投入することができるので、安定度だけは抜群です。
できればソフトウェアにも莫大な予算を使ってほしいものですが・・・。

『地球散歩』はともかく、『イスラミック・ブルー』については、引っ越せないこともないかも知れません。『地球散歩』は、あのテンプレートの写真が合っているんですよねぇ。
初めオリジナルかと思っていました。
【2006/05/15 23:49】 URL | PetaPeta #4vxkCmu6[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/16 00:27】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bloghyoron.blog50.fc2.com/tb.php/120-86a75565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。